ホーム > 【ま行の由来語源】 > 万才/万歳【まんざい】

▶ 万才/万歳【まんざい】

《スポンサードリンク》

万才/万歳【まんざい】の名前の由来語源・使い方

【意味】

千秋万歳をことほぐ意で、新年を祝う歌舞。また、その歌舞をする者。鎌倉初期以来宮中に参入するものを千秋万歳(せんずまんざい)と呼び、織豊・徳川の頃には単に万歳(まんざい)と呼んだ。江戸時代、関東へ来るものは三河国から出るので三河万歳、京都へは大和国から出るので大和万歳といい、服装は、初めは折烏帽子(おりえぼし)・素袍(すおう)であったが、後には風折(かざおり)烏帽子に大紋(だいもん)の直垂(ひたたれ)をつけ、腰鼓(こしつづみ)を打ちながら賀詞を歌って舞い歩いた。

【語源・由来・発祥・成り立ち】

【漢字辞典】

「まんざい」を漢字で書くと「万才」「万歳」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【ま行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【ま行の由来語源】 > 万才/万歳【まんざい】