ホーム > 【ま行の由来語源】 > 松茸/マツタケ【まつたけ】

▶ 松茸/マツタケ【まつたけ】

《スポンサードリンク》

松茸/マツタケ【まつたけ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

担子菌類キシメジ科のキノコ。秋に、各地の主としてアカマツ林の地上に発生する。高さ一〇〜二〇センチメートル。傘は淡褐色の鱗皮におおわれ、初め半球状だが、次第に扁平に開き径一〇〜二〇センチメートルになる。裏面のひだは密で白い。柄には綿毛状のつばがあり上下ともほぼ同じ太さ。芳香と風味があり食用。

【語源・由来・発祥・成り立ち】

【漢字辞典】

「まつたけ」を漢字で書くと「松茸」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【ま行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【ま行の由来語源】 > 松茸/マツタケ【まつたけ】