ホーム > 【な行の由来語源】 > 【ネクタイ (necktie )】

▶ 【ネクタイ (necktie )】

《スポンサードリンク》

【ネクタイ (necktie )】の名前の由来語源・使い方

【意味】

ネクタイ (necktie )とは、洋装で、首またはカラーの下に巻き、前で結んで飾りにする細長い布の総称。

【名前の由来語源・成り立ち】

ネクタイ (necktie )の名前の由来語源について、ネクタイ(necktie)の語源は、neck(首)+tie(結ぶ)で、首に結ぶものという意味。英語では単にtieだけでもネクタイを意味する。

18世紀の中頃、ジョン万次郎の帰国とともに日本に渡来したといわれている。当初は「襟飾(えりかざり)」などと訳されていたが、大正末期になると、洋服の普及に伴い、英語を音写した「ネクタイ」の語が広まっていった。

【使い方・用例・実例】

*付焼刃〔1905〕〈幸田露伴〉四「今仕て御在(おいで)なさる襟飾(ネキタイ)も、既(もう)大分汚れたやうだからネ」

*一九二八・三・一五〔1928〕〈小林多喜二〉一「父はシャツを着たり、ネックタイを結んだりするのにつッかかったり、まごついたりして」

【漢字辞典】

「ネクタイ (necktie )」はカタカナ語のため漢字表記はなし。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【な行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【な行の由来語源】 > 【ネクタイ (necktie )】