ホーム > 【あ行の由来語源】 > お愛想【おあいそ】

▶ お愛想【おあいそ】

《スポンサードリンク》

お愛想【おあいそ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

お愛想(おあいそ)とは、飲食店での勘定のこと。

【語源・由来・成り立ち】

お愛想(おあいそ)の語源・名前の由来について、料理屋などで会計をしてほしいときに使われる「おあいそ」だが、本来は店の方から客に対して使われるもので、「お愛想がなくて申しわけありませんが」「愛想づかしのようですが」などと断りを言いつつ、勘定書きを客に示すところからきている。

明治時代に京都で使われだして、それが全国に広まったとされる。

【使い方・実例・用例】

*「お愛想してください」はお客さんが使う言葉ではなく、お店側が使う言葉なのです。(マイナビNews)

【漢字辞典】

「おあいそ」を漢字で書くと「お愛想」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > お愛想【おあいそ】