ホーム > 【あ行の由来語源】 > オコゼ/鰧/虎魚【おこぜ】

▶ オコゼ/鰧/虎魚【おこぜ】

《スポンサードリンク》

オコゼ/鰧/虎魚【おこぜ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

オコゼとは、フサカサゴ科の海魚の総称。背びれに毒のあるものが多く、頭がでこぼこしている。食用になるのはオニオコゼで美味。

【語源・由来・成り立ち】

オコゼの語源・名前の由来について、古名を「おこじ」といい、「おこ」は醜悪なさま、愚かなさまを意味する。

漢字では「鰧」。またその風貌から「虎魚」と当てて書く。

【使い方・実例・用例】

【漢字辞典】

「オコゼ」を漢字で書くと「鰧」「虎魚」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > オコゼ/鰧/虎魚【おこぜ】