ホーム > 【あ行の由来語源】 > 送り狼【おくりおおかみ】

▶ 送り狼【おくりおおかみ】

《スポンサードリンク》

送り狼【おくりおおかみ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

送り狼 (おくりおおかみ)とは、親切を装って女性を送っていき、相手に油断があればつけ入ろうとする者のこと。

【語源・由来・成り立ち】

送り狼の語源・名前の由来について、本来は、狼の姿をした妖怪のことで、この狼は山中などで旅人の後ろをついて行き、旅人が転ばなければ何もしないが、転んだら噛み付くという。

なお、この「送る」は「人の後ろをついて行く」意で、「家に送り届ける」意ではない。現代のような意味で使われるようになったのは、江戸時代になってから。

【使い方・実例・用例】

*あの人たちとの飲み会に出ると、送り狼に狙われる心配もあるので注意が必要。

【漢字辞典】

「おくりおおかみ」を漢字で書くと「送り狼」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 送り狼【おくりおおかみ】