ホーム > 【あ行の由来語源】 > 奥手【おくて】

▶ 奥手【おくて】

《スポンサードリンク》

奥手【おくて】の名前の由来語源・使い方

【意味】

奥手 (おくて)とは、人の成長が遅いこと。特に恋愛に関して未熟であること。

【語源・由来・成り立ち】

奥手の語源・名前の由来について、本来は、植物について成長が遅い品種をいう語であったが、そこから比喩的に人のことをいうようになったもの。

「奥」は現時点から見た将来のことで、ここは成長が将来のことになる、つまり成長が遅いこと。「手」は物の種類や分類を示す接尾語的な用法。

【使い方・実例・用例】

*僕は昔から女の子のことが奥手なんだ。

【漢字辞典】

「おくて」を漢字で書くと「奥手」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 奥手【おくて】