ホーム > 【あ行の由来語源】 > オムライス【Omelette rice】

▶ オムライス【Omelette rice】

《スポンサードリンク》

オムライス【Omelette rice】の名前の由来語源・使い方

【意味】

とは、日本で生まれた米飯料理。ケチャップで味付けしたライス(チキンライスまたはバターライス)を、オムレツのような鶏卵で包んだもの。

【語源・由来・成り立ち】

語源・名前の由来について、フランス語のomeletteと英語のriceを組み合わせた和製語。

1900年(明治33年)に東京銀座の「煉瓦亭」で作られたのが初めとされる。当初は、卵に白飯や具を混ぜて焼いた賄い料理として作られた。

これを客が食べたいと所望したため「ライスオムレツ」として供されるようになった。

現在はこれを「元祖オムライス」という名前で提供しているが、ライスを卵で包んでいないほぼ具入りの卵焼きと言える製法など、現在一般的に認知されているオムライスとは別物。

【使い方・実例・用例】

*ツイッターやインスタグラムで今話題の「水玉オムライス」。その名の通り、水玉模様の玉子で包んだオムライスのこと。

【漢字辞典】

「オムライス」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > オムライス【Omelette rice】