ホーム > 【あ行の由来語源】 > 大立者【おおだてもの】

▶ 大立者【おおだてもの】

《スポンサードリンク》

大立者【おおだてもの】の名前の由来語源・使い方

【意味】

大立者 (おおだてもの)とは、その分野の一番の実力者、重要人物。

【語源・由来・成り立ち】

大立者の語源・名前の由来について、本来は、歌舞伎で座頭(ざがしら)や立女形(たておやま)など、一部の中心役者を「立者(たてもの)」といい、さらにその中でも主要な幹部役者を「大立者」といったことに由来する。

ちなみに、「立て」は、中心・筆頭を意味する接頭語で、「立て行司」とは、最高位の行司のこと。

【使い方・実例・用例】

*君たちは、アメリカを代表する産業資本家であり、ウォール街の大立者であり、億万長者だ。(Newsweekjapan)

【漢字辞典】

「おおだてもの」を漢字で書くと「大立者」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 大立者【おおだてもの】