ホーム > 【あ行の由来語源】 > オオカミ/狼【おおかみ】

▶ オオカミ/狼【おおかみ】

《スポンサードリンク》

オオカミ/狼【おおかみ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

狼 (おおかみ)とは、イヌ科の哺乳類。ヨーロッパ・アジア・北アメリカに分布。春から夏にかけて家族単位で暮らし、冬には群れをつくって共同で狩りをする。

【語源・由来・成り立ち】

狼の語源・名前の由来について、日本では絶滅してしまったが、かつては山の神の使いとして信仰の対象でもあった。

大神」が語源。また、「大口の」という枕詞があって、大きな口をもつ狼の意で「真神(まがみ)」にかかるように、狼は神に擬せられる動物の中でも新の神を考えられていた。

【使い方・実例・用例】

*「人」はヨーロッパで昔から遊ばれているパーティーゲームである。

【漢字辞典】

「おおかみ」を漢字で書くと「狼」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > オオカミ/狼【おおかみ】