ホーム > 【あ行の由来語源】 > 往生【おうじょう】

▶ 往生【おうじょう】

《スポンサードリンク》

往生【おうじょう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

現世が終わり、極楽浄土に往って生まれ変わること。また、死ぬこと、難儀すること、閉口することもいう。

【名前の由来語源・成り立ち】

元来は仏教語で、他の世界に往きて生まれ、生まれ変わることの意だが、平安以降、浄土思想の発展で「極楽往生」の意として用いられるようになった。死ぬことの意はそれの転じたもの。

そこからさらに意味が転じて、難儀する、閉口するの意も生まれた。

【漢字辞典】

「おうじょう」を漢字で書くと「往生」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 往生【おうじょう】