ホーム > 【あ行の由来語源】 > 往生際が悪い【おうじょうぎわがわるい】

▶ 往生際が悪い【おうじょうぎわがわるい】

《スポンサードリンク》

往生際が悪い【おうじょうぎわがわるい】の名前の由来語源・使い方

【意味】

往生際が悪い (おうじょうぎわがわるい)とは、決断力がなく、思い切りやあきらめが悪いこと。

【語源・由来・成り立ち】

往生際が悪いの語源・名前の由来について、本来は仏教語で、「往生」は死ぬこと、「際」は境目のこと。

つまり、「往生際」とは、この世からあの世へ行く間際、またそのときの様子を表し、転じて「往生際が悪く、なかなか負けを認めようとしない」のように、「往生際が悪い」の形で、あきらめの悪い意味に用いられる。

【使い方・実例・用例】

*彼の性格はとても往生際が悪い
*ある道路に追い詰められて運転を諦めたが、車を下りると逃走を図るなど往生際も悪かった

【漢字辞典】

「おうじょうぎわがわるい」を漢字で書くと「往生際が悪い」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 往生際が悪い【おうじょうぎわがわるい】