ホーム > 【あ行の由来語源】 > 横領【おうりょう】

▶ 横領【おうりょう】

《スポンサードリンク》

横領【おうりょう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

横領 (おうりょう)とは、他人の物を不法に自分のものとすること。

【語源・由来・成り立ち】

横領の語源・名前の由来について、古くは、兵士を統率する意味の「押領」という語が使われた。

さらに、平安時代から人の領地をむりやり奪う意味でも用いられ、しだいに人の物を奪う意味に移行していった。

明治時代になると、「横領」の字が当てられるようになったが、この「横」は「横柄」などと同様に、強引なという意味があると考えられる。

【使い方・実例・用例】

*背任の罪で起訴された男が、同じ会社からさらに1900万円を横領したことがわかり、再逮捕されました。

【漢字辞典】

「おうりょう」を漢字で書くと「横領」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 横領【おうりょう】