ホーム > 【さ行の由来語源】 > セーラー服【Sailor suit】

▶ セーラー服【Sailor suit】

《スポンサードリンク》

セーラー服【Sailor suit】の名前の由来語源・使い方

【意味】

セーラー服とは、女学生によく使われる、水兵服をまねて作った子供・婦人服のこと。上着は水兵服に似たデザインで、後ろに四角く大きな襟が付いており、それにスカートまたはズボンを組み合わせて着る。

【語源・由来・成り立ち】

セーラー服の語源・名前の由来について、セーラー(sailor)は水兵の意で、セーラー服はもともとイギリス海軍の制服であったが、子供服や女学生の通学服にもなり、日本では20世紀前半までに主に女子生徒用の制服として定着した。

セーラー服の特徴である大きな襟の理由については、甲板上で風の影響によって音声が聞き取りにくいときに、襟を立てて集音効果を得るなど諸説あるが、定かではない。

【使い方・実例・用例】

*彼女はセーラー服がまぶしいぐらい似合っています。

【漢字辞典】

「せーらーふく」を漢字で書くと「セーラー服」、英語表記は「Sailor suit」。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > セーラー服【Sailor suit】