ホーム > 【さ行の由来語源】 > 先棒を担ぐ【さきぼうをかつぐ】

▶ 先棒を担ぐ【さきぼうをかつぐ】

《スポンサードリンク》

先棒を担ぐ【さきぼうをかつぐ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

先棒を担ぐ (さきぼうをかつぐ)とは、軽々しく人の手先となること。

【語源・由来・成り立ち】

先棒を担ぐの語源・名前の由来について、「先棒」とは、駕籠(かご)を2人で担ぐときに、棒の前の方を受け持つ者のこと。

ちなみに、後ろを担ぐものは「後棒」といい、「後棒を担ぐ」は首謀者の手助けをすることをいう。

【使い方・実例・用例】

*テロリズムの先棒を担ぐ自由は決して容認できない」との立場を公式に表明している。

【漢字辞典】

「さきぼうをかつぐ」を漢字で書くと「先棒を担ぐ」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 先棒を担ぐ【さきぼうをかつぐ】