ホーム > 【さ行の由来語源】 > サルビア【Salvia】

▶ サルビア【Salvia】

《スポンサードリンク》

サルビア【Salvia】の名前の由来語源・使い方

【意味】

サルビア (さるびあ)とは、シソ科の多年草。一年草として栽培され、夏から秋にかけて赤や紫の花を咲かせる。

【語源・由来・成り立ち】

サルビアの語源・名前の由来について、ラテン語で健康な、の意salvusからで、薬用にされたことに由来。別名のセージ(sage)も語源は同じ。

和名としてはヒゴロモソウ(緋衣草)があるが、あまり使われない。

【使い方・実例・用例】

*花祭りでは、サルビアやペチュニアなどの花苗も販売。

【漢字辞典】

「サルビア」を漢字で書くと「」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > サルビア【Salvia】