ホーム > 【さ行の由来語源】 > 三三九度【さんさんくど】

▶ 三三九度【さんさんくど】

《スポンサードリンク》

三三九度【さんさんくど】の名前の由来語源・使い方

【意味】

三三九度 (さんさんくど)とは、神前の結婚式に見られる固めの儀式のひとつ。新郎新婦が杯に少量の酒を注いで、合計九度飲み合う。三献の儀。

【語源・由来・成り立ち】

の語源・名前の由来について、男女が一つの杯で同じ酒を飲み交わすというもので、初めに女性が三度、次に男性が三度、最後に女性が三度の合計九度飲むことからいう。

もともとは来客をもてなす正式の作法であったが、のちに結婚式に限られるようになった。古くは三三九献(さんさんくこん)ともいった。

日本では、奇数をめでたい数として重んじたため、「三」「九」が祝い事などにふさわしいと考えたとされる。

【使い方・実例・用例】

*私の式のときは、本古来の儀式「三三九度の儀」を取り入れた。

【漢字辞典】

「さんさんくど」を漢字で書くと「三三九度」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 三三九度【さんさんくど】