ホーム > 【さ行の由来語源】 > 薩摩守【さつまのかみ】

▶ 薩摩守【さつまのかみ】

《スポンサードリンク》

薩摩守【さつまのかみ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

薩摩守 (さつまのかみ)とは、無賃乗車をする人。または無賃乗車の行為自体の俗称。

【語源・由来・成り立ち】

薩摩守の語源・名前の由来について、薩摩守とは本来、薩摩国の国司という職のことだが、「平家物語」に出てくる薩摩守平忠度(たいらのただのり)を「ただのり」に掛けて、乗り物にタダ乗りすることをいうようになった。この人物は平清盛の弟、平忠度の事である。

渡し舟をただ乗りしようとする僧を題材とした「薩摩守」という演目の狂言も語源の一つと考えられる。

【使い方・実例・用例】

*韓国の対外外交だって、奇しくもキセルの隠語である薩摩守、平忠度の一首 “行き暮れて木の下陰を宿とせば花や今宵の主ならまし”そのままである。

【漢字辞典】

「さつまのかみ」を漢字で書くと「薩摩守」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 薩摩守【さつまのかみ】