ホーム > 【さ行の由来語源】 > ソーセージ【sausage】

▶ ソーセージ【sausage】

《スポンサードリンク》

ソーセージ【sausage】の名前の由来語源・使い方

【意味】

ソーセージ(sausage)とは、挽き肉に塩・香辛料を加え、子牛・豚などの腸に詰め、薫煙・湯煮した食品。腸詰め。
ウィンナーソーセージ(Wiener sausage)

【語源・由来・成り立ち】

ソーセージの語源・名前の由来について、フランス語由来の英語sausageからの外来語。「塩漬にした」を意味するラテン語salsusに由来する。

紀元前より食されており、製法も民族により多彩。魚肉ソーセージは日本での発明。

【使い方・実例・用例】

*ウインナーとソーセージの区別がつかない。

【漢字辞典】

「ソーセージ」の英語表記は「sausage」。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > ソーセージ【sausage】