ホーム > 【さ行の由来語源】 > 青天白日【せいてんはくじつ】

▶ 青天白日【せいてんはくじつ】

《スポンサードリンク》

青天白日【せいてんはくじつ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

青天白日 (せいてんはくじつ)とは、潔白で後ろ暗いことのないことのたとえ。また、無実であることが明らかになること。白日青天ともいう。

【語源・由来・成り立ち】

青天白日の語源・名前の由来について、「青天」は晴れ渡った青空、「白日」は曇りなく輝く太陽で、本来の意味は太陽が輝く晴れた日のこと。

そこから、比喩的に、心に何もやましいところがなく潔白なことや、無罪であることが明らかになることの意を表すようになったもの。

出典は韓愈(かんゆ)の『崔群与書』に「青天白日は、奴隷も亦其の清明を知る」とあるのに基づく。 なお、「青天」を「晴天」と書くのは誤り。

【使い方・実例・用例】

*台湾の2人の女子学生が番組で自己紹介した際、画面に青天白日満地紅旗が映り込んだ。

【漢字辞典】

「せいてんはくじつ」を漢字で書くと「青天白日」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 青天白日【せいてんはくじつ】