ホーム > 【さ行の由来語源】 > 狭き門【せまきもん】

▶ 狭き門【せまきもん】

《スポンサードリンク》

狭き門【せまきもん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

狭き門 (せまきもん)とは、競争が激しく、入学や就職などが難しいこと。

【語源・由来・成り立ち】

狭き門 (せまきもん)の語源・名前の由来について、『新約聖書』の「マタイ福音書」第7章13節にある、「狭き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし。」というイエス・キリストの言葉に由来する。

【使い方・実例・用例】

*競争率が400倍というとてつもなく狭き門だ。

【漢字辞典】

「せまきもん」を漢字で書くと「狭き門」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 狭き門【せまきもん】