ホーム > 【さ行の由来語源】 > 先手を打つ【せんてをうつ】

▶ 先手を打つ【せんてをうつ】

《スポンサードリンク》

先手を打つ【せんてをうつ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

先手を打つとは、「先手を取る(せんてをとる)」と同じ意味で、相手より先に物事を行うこと。また、機先を制すること。

【語源・由来・成り立ち】

先手を打つの語源・名前の由来について、「先手」は囲碁や将棋で、相手より先に打ったり、指し始めることをいい、「先手必勝」のように、先のほうが主導権を握り、有利に進めることができることからいうもの。

【使い方・実例・用例】

*日本シリーズで初戦を制し、先手を打った

【漢字辞典】

「せんてをうつ」を漢字で書くと「先手を打つ」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 先手を打つ【せんてをうつ】