ホーム > 【さ行の由来語源】 > 仕切り直し【しきりなおし】

▶ 仕切り直し【しきりなおし】

《スポンサードリンク》

仕切り直し【しきりなおし】の名前の由来語源・使い方

【意味】

仕切り直し (しきりなおし)とは、はじめからやり直すこと。

【語源・由来・成り立ち】

仕切り直しの語源・名前の由来について、「仕切り」とは、相撲で、両力士が土俵に手をついて、立ち合いの構えをすること。

立ち合いの際、両者の呼吸が合わないために仕切りをやり直すことを仕切り直しといい、そこから転じて、一般にやり直す意味でも用いられるようになった。

【使い方・実例・用例】

*この勝負は埒があかない。もう一度、仕切り直しとしよう。

【漢字辞典】

「しきりなおし」を漢字で書くと「仕切り直し」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 仕切り直し【しきりなおし】