ホーム > 【さ行の由来語源】 > 柴漬け【しばづけ】

▶ 柴漬け【しばづけ】

《スポンサードリンク》

柴漬け【しばづけ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

柴漬け (しばづけ)とは、ナス・キュウリ・ミョウガなどを刻み、赤ジソとともに塩漬けにした漬物。

【語源・由来・成り立ち】

柴漬けの語源・名前の由来について、もともとは「紫蘇(しそ)漬け」といっていたものが、略されて「しば漬け」となったとされる。

京都の大原で作られ、大原女(おおはらめ)が柴とともに町中を売って歩いたことから「柴漬け」と書くようになった。

【使い方・実例・用例】

*奥にある柴漬けもおいしそうな天丼。

【漢字辞典】

「しばづけ」を漢字で書くと「柴漬け」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 柴漬け【しばづけ】