ホーム > 【さ行の由来語源】 > 七五三【しちごさん】

▶ 七五三【しちごさん】

《スポンサードリンク》

七五三【しちごさん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

七五三 (しちごさん)とは、男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳にあたる年の11月15日に行われる、子供の成長を祝う行事。晴れ着を着せ、神社などに参詣する。七五三の祝い。
千歳飴(ちとせあめ)

【語源・由来・成り立ち】

七五三の語源・名前の由来について、奇数はめでたい数として尊ばれたが、その中の三つを取ったもの。

また、「七五三の膳」というものもあり、本膳に七菜、二の膳に五菜、三の膳に三菜を出す祝儀の馳走をいった。

【使い方・実例・用例】

七五三のお祝いにと家族で食事に出かけた。

【漢字辞典】

「しちごさん」を漢字で書くと「七五三」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 七五三【しちごさん】