ホーム > 【さ行の由来語源】 > 四面楚歌【しめんそか】

▶ 四面楚歌【しめんそか】

《スポンサードリンク》

四面楚歌【しめんそか】の名前の由来語源・使い方

【意味】

四面楚歌 (しめんそか)とは、周りが敵だらけで、孤立無援の状態であること。

【語源・由来・成り立ち】

四面楚歌の語源・名前の由来について、中国、楚の項羽が漢の劉邦の軍に囲まれたとき、四方の漢軍から楚の歌が聞こえてきた。

それは劉邦が仕組んで、漢の兵士に歌わせたものであったが、項羽は捕らわれた楚の兵士が歌っているものと思い込み、すでに漢が降伏したかと驚き嘆いたという、『史記』の故事にちなむ。

【使い方・実例・用例】

*社内ではまわりを敵に囲まれてもはや四面楚歌状態だ。

【漢字辞典】

「しめんそか」を漢字で書くと「四面楚歌」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 四面楚歌【しめんそか】