ホーム > 【さ行の由来語源】 > 死に至る病【しにいたるやまい】

▶ 死に至る病【しにいたるやまい】

《スポンサードリンク》

死に至る病【しにいたるやまい】の名前の由来語源・使い方

【意味】

死に至る病 (しにいたるやまい)とは、不治の病気。また、絶望。

【語源・由来・成り立ち】

死に至る病の語源・名前の由来について、『新約聖書』の「ヨハネによる福音書」第11章4節でイエス・キリストが、病気で死んだ友人ラザロを蘇生させた際に「この病は死に至らず」と述べたことに由来する。

1849年、この「死に至る病」を重要視した宗教思想家キルケゴールは、絶望と真相たる罪の分析、人間心理の奥深くを考察し、同名の哲学書を著した。

【使い方・実例・用例】

*筋肉が徐々に萎縮していき、身体の自由がきかなくなり、やがては話すこともできなくなり死に至る病…。

【漢字辞典】

「しにいたるやまい」を漢字で書くと「死に至る病」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 死に至る病【しにいたるやまい】