ホーム > 【さ行の由来語源】 > 森羅万象【しんらばんしょう】

▶ 森羅万象【しんらばんしょう】

《スポンサードリンク》

森羅万象【しんらばんしょう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

森羅万象 (しんらばんしょう)とは、あらゆる現象、宇宙に存在するすべての物事。

【語源・由来・成り立ち】

森羅万象の語源・名前の由来について、「森羅」はたくさんの樹木が茂って並ぶさまを表すのが原義で、転じて数限りなく並び連なるものの意になり、さらに万物の意を表した。

「万象」はすべての形の意を表し、あらゆる現象の意に転じた。この2つの語が合わさって「森羅万象」となり、当初は「しんらまんぞう」と読まれていた。

【使い方・実例・用例】

*開高健文豪は「森羅万象に多情多恨たれ」とおっしゃった。

【漢字辞典】

「しんらばんしょう」を漢字で書くと「森羅万象」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 森羅万象【しんらばんしょう】