ホーム > 【さ行の由来語源】 > 白星【しろぼし】

▶ 白星【しろぼし】

《スポンサードリンク》

白星【しろぼし】の名前の由来語源・使い方

【意味】

白星 (しろぼし)とは、試合に勝つこと、また成功すること、手柄をあげること。

【語源・由来・成り立ち】

白星の語源・名前の由来について、本来は、相撲の勝ち星のこと。勝敗を記す星取表に、勝つと白い丸印(白星)がつくことからいうもの。

反対に、負けると黒い丸印(黒星)がつくことから、「黒星を喫する」といえば、勝負に負ける、失敗や失策をすることを意味する。

【使い方・実例・用例】

*長い道のりだったが、ようやく初の白星を上げた。

【漢字辞典】

「しろぼし」を漢字で書くと「白星」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 白星【しろぼし】