ホーム > 【さ行の由来語源】 > 其方退【そっちのけ】

▶ 其方退【そっちのけ】

《スポンサードリンク》

其方退【そっちのけ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

其方退(そっちのけ)とは、ほおっておくこと。相手にしないこと。

【語源・由来・成り立ち】

其方退(そっちのけ)の語源・由来について、「そっち」は「そち」が転じた言葉であり、場所や方向を示す代名詞。「のけ」は動詞「退く(のく)」の命令形。

つまり「そっちのけ」は、「そこを去れ」の意味で、そこから放置しておくの意に転じたものとされる。

【使い方・実例・用例】

*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・六「学問や何歟(なにか)は其方退(ソッチノ)けで」

*もはや「戦後」ではない〔1956〕〈中野好夫〉「戦争への道徳的責任というものもそっちのけにして」

【漢字辞典】

「そっちのけ」の漢字表記の「其方退」。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 其方退【そっちのけ】