ホーム > 【さ行の由来語源】 > 背く【そむく】

▶ 背く【そむく】

《スポンサードリンク》

背く【そむく】の名前の由来語源・使い方

【意味】

背く(そむく)とは、反対する。裏切る。

【語源・由来・成り立ち】

背く(そむく)の語源・由来について、「背(そ)+向く」の意味。つまり「相手に背中を向ける=反対する」こと。「背(そ)」は「背(せ)」の意味であり、「そびら」「そがい」など複合語を作るときに用いられた。

「背く」は字のとおりに解釈すると後ろ向きになることで、そこから反対へ行く、離れるなどの意味を経て、次第に心理的な離反をあらわすようになった。

【実例・用例】

*偽悪醜日本人〔1891〕〈三宅雪嶺〉濁〈林辨次郎〉「斯の如きは親睦の義に背くものにして」

*吾輩は猫である〔1905〜06〕〈夏目漱石〉三「可成通俗的に引き直して佳人淑女の眷顧に背かざらん事を期する訳でありますが」

【漢字辞典】

「そくむ」を漢字で書くと「背く」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 背く【そむく】