ホーム > 【さ行の由来語源】 > 双璧【そうへき】

▶ 双璧【そうへき】

《スポンサードリンク》

双璧【そうへき】の名前の由来語源・使い方

【意味】

双璧 (そうへき)とは、甲乙つけがたいほどすぐれている、2つの人や物。
双璧をなす(そうへきをなす)

【語源・由来・成り立ち】

双璧の語源・名前の由来について、「壁」は輪の形をした玉(ぎょく)のことで、一対の宝玉が原義。

中国の史書「北史」の「陸凱(りくがい)伝」にある、陸凱の2人の息子がそろって英俊であったことを、洛陽の長官の賈禎(かてい)が「双璧」と評したという故事に基づく。

【使い方・実例・用例】

*ホセ・ジェイムズと双璧をなす〈ブルーノート〉発の現代ジャズ・ヴォーカルの正統的な後継者として人気を集めていった。

【漢字辞典】

「そうへき」を漢字で書くと「双璧」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 双璧【そうへき】