ホーム > 【た行の由来語源】 > 立所に【たちどころに】

▶ 立所に【たちどころに】

《スポンサードリンク》

立所に【たちどころに】の名前の由来語源・使い方

【意味】

たちどころに(立所に)とは、すぐその場で。時をおかずに。即座に。

【名前の由来語源・成り立ち】

たちどころに(立所に)の名前の由来について、「たちどころ」とは、「立ち所」で、立っている場所のこと。

「たちどころに」は、移動したりする時間もなく、立っているその場で何かが起こるということから、すぐにの意になった。

【使い方・実例・用例】

*朝日新聞‐明治一八年〔1885〕一月一〇日「しづが平生の心掛を感じ、今度の挙を嘉する輩多く、立(タチドコロ)に六百余円の補助金さへ集りしを以て」

【漢字辞典】

「たちどころに」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 立所に【たちどころに】