ホーム > 【た行の由来語源】 > 蛸部屋【たこべや】

▶ 蛸部屋【たこべや】

《スポンサードリンク》

蛸部屋【たこべや】の名前の由来語源・使い方

【意味】

蛸部屋(たこべや)とは、第二次世界大戦前、北海道や樺太(サハリン)の炭鉱、鉄道工事現場などにみられた飯場制度。また、その飯場をいう。

【語源・由来・成り立ち】

蛸部屋(たこべや)の語源・由来について、労働者を飯場に監禁同様に収容して、重労働を強制したもの。飯場にはいったら、蛸つぼの蛸のように抜けられないというところから「蛸部屋(たこべや)」と呼ばれるようになったとされる。監獄部屋。

【実例・用例】

*駅前旅館〔1956〜57〕〈井伏鱒二〉「この味山田という人は、たこ部屋の親方だということでした」

*万徳幽霊奇譚〔1970〕〈金石範〉七「クローム鉱山のタコ部屋に入ったのは数年前のことだった」

【漢字辞典】

「たこべや」を漢字で書くと「蛸部屋」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 蛸部屋【たこべや】