ホーム > 【た行の由来語源】 > 単位パン【たんいぱん】

▶ 単位パン【たんいぱん】

《スポンサードリンク》

単位パン【たんいぱん】の名前の由来語源・使い方

単位パン【たんいぱん】

【意味】

単位パン(たんいぱん)とは、首都圏の大学生協で期間限定販売された「単位」という焼き印が押された円形のクリームパン。

【名前の由来語源・成り立ち】

単位パン(たんいぱん)の語源・由来について、もともと大学の生協にあった学生の意見や要望を取り入れるためのコメントカード「一言カード」が事の発端となった。

学生からは意見・要望のほか、たまに人生相談も寄せられ、その中には「生協で単位を売ってください」という要望があったため、パンとして商品化にいたった。ネーミングは単純に「単位がとれるパン」という願いをこめて付けられたとされる。

大学のなかには、焼き印をつける焼きごてを湯島天神にて祈祷し、「単位取得祈願」がかかった「単位パン」を販売することで話題になった。この大学生協は、「デカすぎメロンパン」を企画して話題になった。

【実例・用例】

ドラえもんのひみつ道具として知られる「アンキパン」や、「優」「良」「可」が印字されたパンなどさまざまな提案があったが、単位パンの議論が最も盛り上がったため、具体的な商品化の検討に入った。(ITmedia)

【漢字辞典】

たんいぱんを漢字表記すると「単位パン」である。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 単位パン【たんいぱん】