ホーム > 【た行の由来語源】 > 単刀直入【たんとうちょくにゅう】

▶ 単刀直入【たんとうちょくにゅう】

《スポンサードリンク》

単刀直入【たんとうちょくにゅう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

単刀直入 (たんとうちょくにゅう)とは、まわりくどいことはいわずに、いきなり本題に入ること。

【語源・由来・成り立ち】

単刀直入の語源・名前の由来について、もとは、一振りの刀を持ち、1人で敵陣に斬り込むこと。

出典は、中国・宋の時代に禅者の問答を集大成した『景徳伝灯録(けいとくでんとうろく)』の「単刀直入すれば、即(すなわ)ち凡聖ことごとく真を表す」による。「短刀直入」と書くのは誤り。

【使い方・実例・用例】

単刀直入に申し上げると私は潔白です。

【漢字辞典】

「たんとうちょくにゅう」を漢字で書くと「単刀直入」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 単刀直入【たんとうちょくにゅう】