ホーム > 【た行の由来語源】 > 襷【たすき】

▶ 襷【たすき】

《スポンサードリンク》

襷【たすき】の名前の由来語源・使い方

【意味】

たすきとは、和服において、袖や袂が邪魔にならないように、両肩から両脇に斜め十文字に掛けて結ぶ紐のこと。また、選挙の候補者や駅伝競走の選手が、肩から斜めに掛ける帯状の布のこと。

【語源・由来・成り立ち】

たすきの語源・名前の由来について、語源は「た(手)」+「すき」で、「すき」は小児を背負うためののこと。働くときに用いるようになったのは近世以降のこと。「襷」は国字。

【使い方・実例・用例】

*「石巻でたすきつなごう」というキャッチフレーズで駅伝チームを募集中だ。

【漢字辞典】

「たすき」を漢字で書くと「襷」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 襷【たすき】