ホーム > 【た行の由来語源】 > 他生の縁【たしょうのえん】

▶ 他生の縁【たしょうのえん】

《スポンサードリンク》

他生の縁【たしょうのえん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

他生の縁(たしょうのえんとは、前世で結ばれた縁。
⇒袖触れ合うも他生の縁(そでふれあうもたしょうのえん)

【語源・由来・成り立ち】

他生の縁の語源・名前の由来について、仏教観に基づく言葉で、「他生」はこの世(今生)からみて過去の生(前世)および未来の生(来世)のこと。

袖振り合うも他生の縁」といえば、知らない人と袖が触れ合うくらいのちょっとしたかかわりでも、偶然ではなく前世からの因縁によるものだということ。

この場合は「多生の縁」とも書くが、「多生」とは何度もこの世に生まれ変わるという意味。

【使い方・実例・用例】

*「袖触れ合うも他生の縁」と言います。縁あって仲間となった人たちをきちんと信じてみることで、ほとんどの事態は好転すると私は信じています。

【漢字辞典】

「たしょうのえん」を漢字で書くと「他生の縁」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 他生の縁【たしょうのえん】