ホーム > 【た行の由来語源】 > 梃入れ/梃子入れ【てこいれ】

▶ 梃入れ/梃子入れ【てこいれ】

《スポンサードリンク》

梃入れ/梃子入れ【てこいれ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

梃子入れ(てこいれ)とは、助力・援助すること。不安定なところや弱い状態にあるものなどに、助力や援助を与えて順調に運ぶようにすること。

【語源・由来・成り立ち】

梃子入れ(てこいれ)の語源・由来について、「てこを入れる」を一語化したもの。「てこ(梃・梃子)」は小さい力で重いものを動かすのに用いる棒状の道具である。これが転じて、助力や援助の意味をもつようになった。したがって、梃子を入れることが助力するという意味になる。

【実例・用例】

*ボロ家の春秋〔1954〕〈梅崎春生〉「雨は漏るし風は入るし、柱はかたむき廂は破れ、形容枯槁して喪家の狗の如く、ここらで金をかけて根本的にテコ入れしなきゃ、大変なことになりさうなのですが」

*青い月曜日〔1965〜67〕〈開高健〉二・らいられら「あとは中級の先生がテコ入れし」

【漢字辞典】

「てこいれ」を漢字で書くと「梃入れ」「梃子入れ」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 梃入れ/梃子入れ【てこいれ】