ホーム > 【た行の由来語源】 > ト書き【とがき】

▶ ト書き【とがき】

《スポンサードリンク》

ト書き【とがき】の名前の由来語源・使い方

【意味】

ト書き (とがき)とは、演劇脚本で、せりふに添えて演技、演出、舞台装置などの説明を書き示したもの。歌舞伎脚本などで「ト幕明く」「ト思入れあって」などと書いたところからいう。

【名前の由来語源・成り立ち】

ト書き (とがき)の名前の由来語源について、「…ト言って前を見る」のように、「…ト」の形で書かれることから。

【使い方・用例・実例】

*絵本戯場年中鑑〔1803〕下「此内にト書(トガキ)とて一段下(さげ)て書(かい)たる処あり」

*青年〔1910〜11〕〈森鴎外〉二〇「ここの処が只のと書きだとは思はれない程、美しく書いてありますね」

【漢字辞典】

「とがき」を漢字で書くと「ト書き」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > ト書き【とがき】