ホーム > 【た行の由来語源】 > 鳥兜/鳥かぶと【とりかぶと】

▶ 鳥兜/鳥かぶと【とりかぶと】

《スポンサードリンク》

鳥兜/鳥かぶと【とりかぶと】の名前の由来語源・使い方

【意味】

鳥兜(とりかぶと)とは、舞楽の常装束に用いるかぶりもの。

【名前の由来語源・成り立ち】

鳥兜(とりかぶと)の名前の由来語源について、鳳凰の頭にかたどって、錦や織物などで紙型にかぶせてつくり、頂が前方にとがり、錏(しころ)が後方に突き出たところからその名が付いたとされる。

【使い方・用例・実例】

*浮世草子・懐硯〔1687〕三・二「瑠璃燈(るりたう)を捧跡(ささげあと)に無量の鳥甲(トリカブト)と見へしは」

【漢字辞典】

「とりかぶと」を漢字で書くと「鳥兜」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 鳥兜/鳥かぶと【とりかぶと】