ホーム > 【た行の由来語源】 > 塔【とう】

▶ 塔【とう】

《スポンサードリンク》

塔【とう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

塔とは、高くそびえた細長い建物。

【語源・由来】

塔の語源・由来は、STUPA(スツーパ)で、これはインドのお釈迦さんのお墓を指す。のちに中国人の三蔵法師が『卒塔婆』と漢訳をした。日本でも卒塔婆と言うが、略して「塔婆」と言い、あるいは「塔」とさらに短く略して読んでいる。

塔は、中国に入ってから高層化し、三重・五重から十三重などの多層塔が石造・木造・鋳造などで建てられるようになった。この中国の塔が日本に伝わり、日本では木造の三重・五重の層塔が多く建てられた。

【漢字辞典】

「とう」を漢字で書くと「塔」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【た行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【た行の由来語源】 > 塔【とう】