ホーム > 【あ行の由来語源】 > 内股膏薬【うちまたごうやく】

▶ 内股膏薬【うちまたごうやく】

《スポンサードリンク》

内股膏薬【うちまたごうやく】の名前の由来語源・使い方

【意味】

内股膏薬(うちまたごうやく)とは、節操がなく、あちらに付いたりこちらに付いたりして、主義主張や態度が決まらないこと。

【語源・由来・成り立ち】

内股膏薬の語源・名前の由来について、昔の膏薬は、べとべとしていて、内腿にはると右側についたり左側についたりしたことに由来する。内股膏薬は「うちまたごうやく」ともいう。

【使い方・実例・用例】

*ABCホーム.の塩田元会長も被害者になったり、加害者になったり、内股膏薬をくり返す。のりピーの弟は、出所したばかりなのに、今度は恐喝だ。(ZAKZAK)

【漢字辞典】

「うちまたごうやく」を漢字で書くと「内股膏薬」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 内股膏薬【うちまたごうやく】