ホーム > 【あ行の由来語源】 > 宇宙【うちゅう】

▶ 宇宙【うちゅう】

《スポンサードリンク》

宇宙【うちゅう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

宇宙(うちゅう)とは、すべての事物を包容する無限の空間と時間の広がり。天地四方。全世界。また、宇宙空間、特に太陽系空間のこと。

【語源・由来・成り立ち】

宇宙の語源・名前の由来について、「宇」はのき(軒)の意で、家屋の、またぐように覆った部分、四方にふきおろした部分のこと。そこから、上下四方、空間の意も表す。「宙」はとき(時)の意。

空間の広がりの「宇」と、時間の広がりの「宙」を合わせて、全世界を意味する。

【使い方・実例・用例】

*スタンリー・キューブリック監督の代表的映画『2001年宇宙の旅』全編が569枚のアニメーションGIFとして公開されました。

【漢字辞典】

「うちゅう」を漢字で書くと「宇宙」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 宇宙【うちゅう】