ホーム > 【あ行の由来語源】 > 馬が合う/ウマが合う【うまがあう】

▶ 馬が合う/ウマが合う【うまがあう】

《スポンサードリンク》

馬が合う/ウマが合う【うまがあう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

馬が合う(うまがあう)とは、お互いに気が合うこと。

【語源・由来・成り立ち】

馬が合うの語源・名前の由来について、馬は乗り手の気持ちを敏感に感じ取る動物で、うまく乗りこなすにはその馬を理解し、気持ちが通じ合うことが大切になる。

人と人も同じことで、乗り手と馬の呼吸がうまく合い、人馬一体となることからたとえていうもの。

【使い方・実例・用例】

*あいつとは昔から本当に馬が合うたいせつな仲間だ。

*一般的に自分の価値観が絶対であると思い込みがち。そこでウマが合う、ノリが同じという単純な判断基準で学生を採用してしまうと痛い目に合う。

【漢字辞典】

「うまがあう」を漢字で書くと「馬が合う」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 馬が合う/ウマが合う【うまがあう】