ホーム > 【あ行の由来語源】 > 鵜の目鷹の目【うのめたかのめ】

▶ 鵜の目鷹の目【うのめたかのめ】

《スポンサードリンク》

鵜の目鷹の目【うのめたかのめ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

鵜の目鷹の目(うのめたかのめ)とは、熱心に物を探すさま。またそのときの鋭い目つきのこと。

【語源・由来・成り立ち】

鵜の目鷹の目の語源・名前の由来について、鵜(う)が水中で魚を、鷹(たか)が空中で獲物を狙っているときの鋭い目つきから、真剣に物を探しだそうとする目の様子をいう。

また、自分の利益になることを追求したり、他人の欠点などを異常なまでに追求したりするときの、目を配る様子にも使われる。

【使い方・実例・用例】

*週刊誌は鵜の目鷹の目でスキャンダルを狙っている。

【漢字辞典】

「うのめたかのめ」を漢字で書くと「鵜の目鷹の目」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 鵜の目鷹の目【うのめたかのめ】