ホーム > 【あ行の由来語源】 > 鵜呑み【うのみ】

▶ 鵜呑み【うのみ】

《スポンサードリンク》

鵜呑み【うのみ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

鵜呑み(うのみ)とは、物事の真意をよく理解せずに受け入れること。

【語源・由来・成り立ち】

鵜呑みの語源・名前の由来について、漢字で書くと 「鵜呑み」。鵜という鳥は、魚をかまずに丸飲みすることから、物事をよく理解・検討しないまま取り入れるという意味になった。

【使い方・実例・用例】

*宣言文句を鵜呑みにしてしまうと後から大変な目に遭うぞ。

【漢字辞典】

「うのみ」を漢字で書くと「鵜呑み」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 鵜呑み【うのみ】