ホーム > 【あ行の由来語源】 > 胡乱【うろん】

▶ 胡乱【うろん】

《スポンサードリンク》

胡乱【うろん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

胡乱(うろん)とは、正体の怪しく疑わしいこと。また、不誠実であること。「胡乱なやつ」などと使う。

【語源・由来・成り立ち】

胡乱の語源・名前の由来について、「胡」を「う」、「乱」を「ろん」と言うのはともに唐音。もとは乱れたさまを表す語で、昔、胡(えびす)が中国に攻め入ったとき、住民があわてふためいて乱れたという故事にちなむ。

また、「胡散くさい」のように、「胡」には不審や怪しいという意味があり、これに秩序のない意の「乱」がついたとする説もある。

【使い方・実例・用例】

*彼はかなり胡乱な目つきで彼女をみていた。

【漢字辞典】

「うろん」を漢字で書くと「胡乱」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 胡乱【うろん】