ホーム > 【あ行の由来語源】 > 打って付け/打ってつけ【うってつけ】

▶ 打って付け/打ってつけ【うってつけ】

《スポンサードリンク》

打って付け/打ってつけ【うってつけ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

打って付け/打ってつけ(うってつけ)とは、物事がぴったりと当てはまること。また、そのさま。おあつらえ向き。

【語源・由来・成り立ち】

打って付けの語源・名前の由来について、金槌と釘で木と木を打ってぴったりとくっつけること、すなわち「打って付け」が語源。打ってつけると、ぴったりと合うことからいうもの。

その具体的な動作を表す言葉が、抽象的概念も表すようになった。江戸時代後期より使われるようになった。

【使い方・実例・用例】

*草食系男子は、おとなしくて、積極性に欠けるイメージがあるかもしれませんが、結婚相手としてはうってつけです。

【漢字辞典】

「うってつけ」を漢字で書くと「打って付け」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 打って付け/打ってつけ【うってつけ】