ホーム > 【あ行の由来語源】 > ウワバミ/蟒蛇【うわばみ】

▶ ウワバミ/蟒蛇【うわばみ】

《スポンサードリンク》

ウワバミ/蟒蛇【うわばみ】の名前の由来語源・使い方

【意味】

蟒蛇(うわばみ)とは、大酒を飲む人のこと。酒豪。

【語源・由来・成り立ち】

蟒蛇の語源・名前の由来について、「うわばみ」とは、もとは大蛇のこと。

「はみ(ばみ)」は食物を噛んで食べたりする意味の動詞「食(は)む」の連用形から転じた名詞とされるが、他にも蛇の古形「へみ」が転じたとする説や、マムシの古形「ハミ」からとする説もある。

「うわ」は「上回る」「上手(うわて)」などの「うわ」。大蛇は大きなものを大量に飲み込めるので、酒をたくさん飲む人のことをたとえていうようになった。

【使い方・実例・用例】

*僕の家系は斗酒なお辞せずのウワバミと、まったくの下戸に分かれるんです。(日刊ゲンダイ)

【漢字辞典】

「うわばみ」を漢字で書くと「蟒蛇」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > ウワバミ/蟒蛇【うわばみ】